BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

【秋華賞予想】素直に春の実績馬から

とにかくコース変更後はマイラー適性が問われるようになった秋華賞。必要なのは早いラップへの対応力でスタミナや、スローにおける瞬発力ではない。春の実績馬がほとんど順調に出てきた以上そこに逆らうのは厳しい。ということで本命は週中の通りラインクラフト桜花賞、NHKマイルCでのレース振りはマイラーとしての高い資質そのもの。先行馬がそろってローズSのようなスローにならないことで、かかることなくスムーズなレースが出来るだろう。前走2着からも牝馬同士での2000mでスタミナが足りないということはない。

対抗はデアリングハート。こちらはクイーンS以来となるが、そのクイーンSがかなりスタミナを問われる流れ。その中で古馬に混じって積極的な競馬で4着は評価できる。単穴はエアメサイア。スローの瞬発力勝負が得意な馬だけに今回の条件変わりはあまり好材料ではない。加えて前走の体重減、ニュースでも取り上げた武豊の自信のなさから、ここは3番手評価。1番人気を本命だけにあまり手を広げたくないが4番手にショウナンパントルまで抑えておく。前走紫苑Sはレベル自体は低いが、開幕週の中山で置いていかれながらも最後追い込んできたことは評価できる。2歳時とはいえG1勝ち馬。この人気のなさならヒモに買いたい。

なお穴人気しているニシノナースコールだが、新潟でのスローの競馬で上がりを評価しても仕方がない。問われるのは厳しい流れでのマイラー適性であり、新潟マイルをスローで差し切ったことは秋華賞には繋がらないと考える。

広告を非表示にする