BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

【高松宮記念】芝の状態と展開に注目

毎年芝の状態に左右されがちな高松宮記念。ここまで行われた芝レースを見ていると、それなりに差しが効いているのが印象的。土曜の芝レースでは人気薄が差して馬券圏内にはいっている。ただ注意しなければいけないのは決して大外強襲というようなレースではないこと。道中しっかりレースの流れに乗って、直線馬場の真ん中から抜け出してくるような感じ。このことを念頭に置きながら予想を組み立てたい。

さて次に問題になるのは強力な先行馬二騎の出方である。新聞のコメントなどから察するにハナはライトオ、2番手にボーラーだと思われる。しかしボーラーは追って味があるタイプではない。フェブラリーS後のコメントでも鞍上はそれがために早めの後続を引き離したいと述べていた。となると芝に替わって、後ろの切れ味が増すここは余計にそのような競馬を意識するだろう。となると、いくらライトオが飛ばしても4コーナーで並びかけるように仕掛ける姿が想像される。しかし砂のレースと違って、後続もここで待ってくれるほど甘くはない。自然レースは前掛かりになると見る。

となるとおあつらえ向きの展開になるのは好位から中位につけられる馬たち。ここまでくれば本命はプレシャスカフェしかあるまい。中位で流れに乗れるスムーズさ、鞍上も重賞ならばそれなりに信頼できる。ここを目標にシッカリ仕上げられており、不安材料は怖くなるほど見当たらない。頭は固い。

2着馬も前述のことから好位〜差しで味のある馬をピックアップしたい。となると人気的に狙ってみたいのはキーンランドスワン。前年の3着馬で前哨戦を勝った馬が現在18倍。これを買わない手はないだろう。外枠でスムーズな競馬できそうなここは勝負どころ。その他中京巧者のゴールデンロドリゴ、前走復調気配のウインクリューガー、休み明けも中京1200とリンクしている京都1400で重賞がちのタマモホットプレイ。さらに3着候補としてメイショウボーラーアドマイヤマックスまで抑える。馬券は◎→○→▲☆△の3連単フォオーメーション勝負。(じゃないと優勝できないのでw)

広告を非表示にする