BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

ひとりっ子 (ハヤカワ文庫SF)

「この子がわたしの娘なの。生まれるのがほんの何年か遅くなったけれど」―待望の第一子となるはずだった女の子を失った科学者夫婦が選択した行動とは!? 子どもへの“無償の愛”を量子論と絡めて描く衝撃の表題作、星雲賞を受賞した数学SFの極北「ルミナス」、著者が追究しつづけるアイデンティティ・テーマ SFのひとつの到達点「ふたりの距離」など、本邦初訳2篇を含む7篇を収録する、日本オリジナル短篇集第3弾。

グレッグイーガンの普遍的なテーマであるアイデンティティとは?自己決定とは何か?を外さず描かれた短編集。イーガンらしく、とっつきにくい短編もあるが、中でもオススメは「真心」「ふたりの距離」あたり。どちらも恋愛系だけどw 理系的にというか、分析的に恋愛における関係性を突き詰めていくとブチ当たる虚無感をハードSF的に描くこの筆致にはたまらないものがあるね・・・・いやだからモテないんだ、僕は。

黄色い動物さんと昨日メッセで話してるときにも言われたけど、批評家気質の男って色気がなくなるよなあ。普通に正しいこといったり、常にリスクをケアして生きているってことは、ある意味保守的にみえるってことだしなあ。スケールが小さくみえてしまうというヤツですか。うーん、性格だから直らないだろうけど、もう少しアクションのレベルでは、DQNになっていかねばならないね。おーけー、そんなことを書いている時点でモテないんだ、よくわかってる、死のう。

広告を非表示にする