BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

2005年2歳馬オススメ馬リスト・SS牝馬編

続いて牝馬編です。その前に先日アップした牡馬編で書き忘れたSS牡馬総評を。今年は基本的にどの馬も地雷を抱えているといっても過言ではないのがひっかかったところ。キングアーサーは厩舎不安だし、馬体も大きい。キャプテンベガは馬体怪しいし、もともと脚元の弱い血統、さらにアドマイヤベガでなくてボスな可能性も十分あるわけで。フサイチジャンクフサイチの一番馬は走らないというジンクスに加えて新進厩舎。サージャンも毛色と厩舎が変わってどうなのというところもある。まあそういうリスクを考えた上でも1位で獲りに行く価値がありそうなのをS,Aとしてみたので、他にビシっと来る馬がいるならそっちを優先させたほうがいいと思ったりもする。さて牝馬いきませう。

【Sクラシック】アドマイヤキッス(父サンデーサイレンス/母キッスパシオン)

この馬は今年のSS牝馬の中では抜けてバランスのいい馬体。厩舎も定評あるところだけに、確実にクラシック路線に乗ってきそうな予感。ただジェイドロバリーの影響か多少カッチリしすぎている印象もなくはない。すでに入厩済みということを踏まえても成長力という点では若干の割引が必要かもしれない。評判では成長力がすごいとのことで杞憂かもしれないが。

【Aクラシック】エメラルドシティ(父サンデーサイレンス/母シアトルスペシャル)

こちらも馬体はいかにもSS産駒らしい素敵な感じ。見た目の印象はキッスよりもいいかもしれない。ただどの写真を見ても繋ぎが立ちすぎているように感じるのが引っかかる。評判では弾むようにやわらかいということで、こちらも気にしすぎることはないのかもしれないが。厩舎は腕はあるが、牝馬の扱いと鞍上がどうなるかというところは不安。

【Aクラシック】マンハッタンセレブ(父サンデーサイレンス/母サトルチェンジ)

上に比べるとこの時期の成長度は上。写真を見ても薄さをあまり感じさせないつくりで、POG期間にはしっかり間に合いそうだ。ただその厚みというかパワー型の馬体がプラスになるのかマイナスになるのかは難しいところ。確実性のある血統でまず1勝はしてくれるだろうが、マンハッタンカフェ以来そこを突き抜けてくれない。まあでも好きな血統なので甘めに評価。大久保ドラゴンはまあ大丈夫だとは思うが。

【Bクラシック】スカラシップの03(父サンデーサイレンス/母スカラシップ

これは正直血統重視のチョイス。実馬の写真を見ると、まだまだ馬体は子供だし化骨も遅れ気味との情報もあり、本来はPOGでオススメしたい馬ではない。だが血統は筋が通っていて、こういう血統の馬を扱わせれば天下一品の伊藤雄厩舎だけに一発あるかも。7割がた未出走の予感だが。

ということで牝馬は厳選4頭紹介。ただ毎年牝馬路線はSS以外から有力馬が必ず出てくるので、それを考えるとアドマイヤキッスは人気しすぎないのという感じはする。本当にいい馬だとは思うけど、G1勝ちきるイメージはわかないんだよなあ。

広告を非表示にする