読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

コジトモさんの「馬場のすべて教えます」を読んだよ

30_Book 04_Keiba_Column

馬場のすべて教えます~JRA全コース徹底解説~ (競馬道OnLine選書)

馬場のすべて教えます~JRA全コース徹底解説~ (競馬道OnLine選書)

今年の馬事文化賞は決まりでいいんじゃないのというくらいのコジトモさん会心の良書。これまでに著者がライフワークとして行ってきた馬場に関する取材の内容が出し惜しみなくまとまっている。今後競馬マスコミ、素人問わず、この本を読まずに馬場について言及する人は二度と口を開くなといってもよい。

これまできちんと取材したコースや馬場に関する競馬本は「コースの鬼シリーズ*1
」くらいしかなかったが、本書は「馬場」について、さらに深く追求した内容となっている。いわゆる野芝、洋芝の基礎知識や、年間での開催にあわせた各コースの芝の管理方法はいわずもがな、特筆すべきは開催中の芝管理(補修や硬度管理)の内容や、各競馬場へのエクイターフの導入状況まで、2015年時点における最新情報がしっかりと記載されているところ。また最近のトレンドである「柔らかい馬場」を作るためのJRAの工夫が綿密な取材の元に記されている。日本と海外の競馬場の馬場の違いや、よくある安易なJRA批判に対する回答までしっかりまとまっており、まさにこの本を一冊読むだけでJRAの「馬場のすべて」がわかるといって過言ではない。10年前から馬場については気にかけていた*2管理人的にも納得の内容である。本書を読んでもわかるとおり、変わっていないようで数年もすると大きく変わっているのが日本の競馬場の馬場。現在競馬マスコミの中でも最高の競馬ライターの一人と評価しているコジトモさんの今後の活動には引き続き期待したい。