読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

明治安田生命J1リーグ1st第1節(対横浜Fマリノス戦)

20_frontale

いよいよ開幕したJ1。今年は2ステージ制になってしまったために、開幕戦の重要度はこれまでにも増して大きなものであったわけだが、結果はマリノス相手に3−1の快勝。悲願の優勝に向けて素晴らしいスタートを切ることができた。サッカー詳しくない人による適当採点。

GK西部(6.0):失点シーンは1対1だっただけに仕方なし。ハイボールにはさすがの安定感。決定機もキッチリストップ。たまに思いっきり飛び出してたのは今年のスタイルなんですかね?
DF武岡(6.5):昨年出場からの流れそのままに良いコンディションと判断力。エウシーニョをサポートして自由にさせつつ、スピードを生かしてよくピンチを潰していた。ゴール前では自分で打ってもよかったかな。
DF角田(6.5):移籍金を払うだけの価値を見せつけた1戦。DFラインをよく統率し、ハイボールも跳ね返し続けた。ポジショニングも足下もしっかりしており、とにかく今後怪我がなければ。
DF谷口(6.5):昨年後半のパフォーマンス低下はやはり疲れだったか。これくらいは出来て当然だが、守備のビルドアップも危なげなかった。角田との連携も◎。
DF車屋(6.0):ルーキーのデビュー戦と考えると十分なパフォーマンスだったが、失点シーンは不用意にラインをあげようとして交わされてしまったことが原因。今後の糧にして欲しい。でないとサイドバックができない。
MF大島(6.0):こちらもこれくらいは出来て当然なので、もっともっとゴールに直結するパスを。何回か動きだしたときに出せてなかった(気がする
MF中村(7.0):昨年の手術の影響は全く感じさせず。去年前半のパフォーマンスを取り戻せていた。3点目のレナトばりの深いところまで切り込んでのクロスは圧巻。
MFエウシーニョ(6.5):挨拶代わりの先制点。守備はまだまだ怪しいが、ウイングバックという位置がぴったり嵌まって、よく攻撃に絡んでいた。球離れもよく、リズムよくパスも回せるし、また優良ブラジル人がフロンターレに来てしまった。
MFレナト(6.0):何故か今日は右足でシュートを打つことが多かった。リズムは健在。コンディションもよさそうでキレのある動き。あとは決定力だけ。
FW小林(7.0):ハイボールを納め、勝ち越し点を奪い、ボールを持てばキープできる。チームを勝たせるフォワードになりつつある。
FW大久保(6.5):三年連続得点王へ、開幕戦からゴールを決めた。チームのリズムをもたらすために動き回りながら、結果も出すのだから、今年も大エースは健在である。
FW杉本(5.5):まだ何もできていない。オフザボールのときに相変わらずマゴマゴしていて、やることが整理できていない。味方にボールが渡った瞬間に相手を外す練習から。
DF井川(-):時間短く評価なし
MF橋本(-):時間短く評価なし
監督風間(7.0):練習試合で出たエウソン車屋の守備面の不安を3−4−3という形で解決。さらに先制点はウイングバックが高い位置をとったことで生まれた。入念な準備で数年続いていた出遅れは何のその、最高のスタートにチームを導いた。

[総評]
今日目を瞠ったのはチームとしての守備面。前から追うときも最終ラインが間延びしないよう上下に動かすことを意識づけできていたばかりか、横幅も整理されており、昨年とは見違えるような出来となっていた。攻撃時は3バック、守備時は車屋がおちてエウソンあげての4バックもスムーズだったし、80分すぎてブロックを組んで3ラインを保てるフロンターレを見たのは初めてかもしれない。このメンバーに實藤がいないのはちょっと残念だが、高くて強くて速くて繋げるDFが少し見えてきたような気がする。攻撃面ではエウソンが右サイドでリズムを作れるのは大きい。車屋も攻撃面では十分にやれそう。ただ本当の意味では杉本健勇、船山あたりが試合に絡んでこそだろう。今日の健勇のデキではスタートからでは難しい。もっと練習しましょう。あとは三好のベンチ入りには驚いた。公式戦のピッチで早くみたいものだ。毎年課題となった開幕の出遅れ。今年はマリノスを叩きのめし、最高の形でスタートを切っただけに、1stステージをこのまま突っ切って欲しい。それができる内容ではあった。