読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

【第37回エリザベス女王杯回顧】雨に煙る京都にブライアンズタイムの血が蘇る

馬券が当たって気分がいいのでリハビリがてら回顧。(要するに自慢)

レース前の見立て

3歳クラシックロードを全て2着で駆け抜けたヴィルシーナが1番人気。札幌記念を勝って京都大賞典も大崩れしなかったフミノイマージンが2番人気。3番人気はヴィクトリアマイルを勝ったホエールキャプチャ。ぱっとみると、斤量面と秋3戦に絞って仕上げてきたヴィルシーナにやはり期待はしたくなる。こういう惜敗馬が勝つのがエリザベス女王杯の舞台ではあるし。ただ3歳馬と古馬の力関係がイマイチわからない。加えて折からの大雨で馬場も悪化。いくら前受けできるタイプとはいえディープインパクト産駒で上がり速いレースをしてきた馬が良馬場より走れるということもないだろう。1倍台というのもあまりに過剰な感じがしたので3番手まで評価を落とす。そういう思いで出馬表を改めて眺めると重馬場で力を発揮できそうな馬が見当たらない。いたとしても距離に問題がありそうな馬ばかり。その中からキラリと光るのがレインボーダリア。常に惜敗続きも昨年のエリザベス女王杯ではホエールキャプチャと0.2秒差。春からも安定して走れているし、馬場の後押しがあれば逆転も考えられる。あからさまな重馬場で人気馬が前掛かりになりそうなのも良さそう。というわけで競馬人生で数えるほどしかない相談役をG1で本命という決断に出た。対抗は札幌記念で洋芝をこなしてることからも重馬場がマイナスということは考えにくいフミノイマージン。正直鞍上は不安だが、割と外国人騎手に無双されにくい舞台設定に加え、今回はデムーロルメール共に穴評価止まり。何とかなりそう。3番手にヴィルシーナ。4番手以下には馬体増やしてきたオールザットジャズ、クリスマスキャロル、なんだかんだで怖いデムーロ鞍上のピクシープリンセスあたりまで。

レースリプレイ

注文通りにレジェンドブルーが逃げを打つ。ヴィルシーナも早めの競馬。ホエールキャプチャはその後ろ。隊列が決まると淡々とした流れで向こう正面へ。フミノイマージンは後方。坂の上りで後方だったレインボーダリアの更に後ろからエリンコートが一気に進出。坂の下りでは先頭に並びかける形。直線に入るとエリンコートは抵抗出来ずにオールザットジャズが先頭で抜け出す。馬場の外目からヴィルシーナが追い込むがその外から併せて上がっていくレインボーダリアの脚色が良い。外から猛然とピクシープリンセスが上がってくるが、クビ差抜け出したレインボーダリアが1着で入線。2着はかろうじてヴィルシーナ。頭差でピクシープリンセス。レインボーダリアは初重賞が初G1制覇。鞍上の柴田善臣騎手は10年宝塚記念ナカヤマナイト以来の勝利。調教師も同じ二ノ宮調教師。

レース回顧

勝ったレインボーダリアエリンコートが動いたときもじっと構えて直線まで自分のリズムを保てたのが良かった。まさに相談役の真骨頂の競馬。これでブライアンズタイム産駒は菊花賞2着に続いての京都G1での好走。老いてもなお衰えぬ偉大すぎる名種牡馬。さすがにこれから一口で手は出さないつもりだが。そこかしこで言われたことだがBT×NTの配合とは10年前のようでこういうのも悪くない。グラス最強。とはいえ使って使って徐々に力をつけた姿はまさにロベルト系。戦績が示すとおり速い馬場ではちょっと足りないのは今後も続くが、洋芝・重馬場ではあなどれない。まあ次買うなら札幌記念クイーンカップだがそもそも現役いつまでか微妙。あまり今後馬券のときに考える必要ない馬だとは思われる。2着ヴィルシーナはこれで5連続2着。うちG1が4回。10年代のメイショウドトウと言ってよい成績だが、来年ヴィクトリアマイルジェンティルドンナがいないことを祈りましょう。ウチパクも十分勝てる競馬してるだけに運が悪いとしかいいようがない。鞍上強化しようもないしなあ。残り50Mからは佐々木が投げれば勝てるのかもしれないけど。3着ピクシープリンセスは条件馬の上位人気&ダーレー&デムーロで好走。まあこの馬も重馬場向いたクチな気はする。キングマンボだし。野中師ガラアフェアー戻ってきたら来年よろしくお願いします。ホエールキャプチャは10着。アパパネは異常だったが、牝馬そう何回も叩いて変わるというのはイメージがわかなかった。精神面がちょっと気になる。フミノイマージンは11着。フミノイマージンは馬場の悪い内を通らされすぎたというか正攻法すぎというか、太宰も何か嵌まらないとG1ではちょっと苦しいか。今後馬券の取捨に注意すべきはヴィルシーナとピクシープリンセス、オールザットジャズあたり、あとはなかなか買いづらそう。急速な重馬場、運のない人気馬とあいまって、相談役の見事な漁夫の利マイペース騎乗が嵌まった女王杯でした。あと馬券当たって嬉しい。