読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

2011-2012シーズンPOG指名馬紹介(その2)

社台一口の影響ですっかり更新できてなかった上に、新馬戦も始まってしまいましたが、6位以下の指名理由をダイジェストで。なお順位の前の印は、◎:2部制、エクストラ共に獲得。○:どちらかのみ獲得。×:獲得失敗です。

◎6位 オーファメイ(父:ディープインパクト 母:タイトルド 厩舎:藤原英)

もう1頭藤原厩舎から。あまり注目はされていなかったが、グラマラスな馬体で、スピードもありそう。社台オーナーズで現在は熱発などもあり、ゆるめているらしいが、乗込み出せばそんなに時間はかからなそう。いかにも芝向きのキレものの雰囲気だ。

◎7位 馬名未定(父:ハーツクライ 母:バルドウィナ 厩舎:藤岡健)

2年目で更に上昇を見込むハーツクライ産駒から1頭。ワンカラットの半妹になるが、こちらはゆったりとした馬体で距離に限界はなさそう。成長力においてはディープを超えるハーツクライ産駒でオークスを目標にしたい。

◎8位 ニンジャ(父:グラスワンダー 母:エレガンスワールド 厩舎:宮)

明日デビューのニンジャが今年のグラスワンダー枠。今年もグラスワンダー産駒はあまり多いと言えず、なかなか馬体写真をみつけるのも一苦労だったが、まともにスピードがありそうなのはこの馬だけだった。長い距離はもたなそうだが、早い時期から勝ち星を挙げられるグラスワンダー産駒はだいたい出世する。

×9位 アーカイブ(父:ディープインパクト 母:データ 厩舎:堀)

流石にこの順位じゃ残ってなかった。良い馬ですが、上位でいきたいかというと厩舎人気もあるだろうしという感じでこの順位。

○10位 マジカルツアー(父:アグネスタキオン 母:ゴーカロライナ 厩舎:松田国)

今年はアグネスタキオンが当たり年だろうということでもう1頭。松田国のハードトレにどこまでといった部分もあるが、筋肉付けても耐えられそうな脚はしてるとみる。

○11位 マイネサラヴァン(父:マンハッタンカフェ 母:マイネデセール 厩舎:清水)

×12位 マイネルヴェリタス(父:チーフベアハート 母:カルチェラタン 厩舎:斎藤)

×13位 マイネルアトラクト(父:アドマイヤマックス 母:マイネディーバ 厩舎:斎藤)

マイネル枠がここから3頭。特に甲乙つけがたいので、人気がなさそうな順で並べてみた。早くもアトラクトが怪しい負け方をしているので、正解だったか?

×14位 馬名未定(父:アルカセット 母:ディアン 厩舎:的場)

今年の的場枠。アルカセットと侮る無かれ。これは良い馬ですよ。下位なら。

○15位 馬名未定(父:タニノギムレット 母:オレゴンガール 厩舎:未定)

最後の隠し球エイシンでそこまで人気にはなっていないようだが、母方がダート短距離寄りでも芝向きを出せるのがタニノギムレット。下位で期待。

面倒になってきたのであとはピックアップで。母サトノジュビリーはサトノに目をつむれば良い馬体のダイワメジャー産駒。とりあえず今年はほとんど被らずに10位前後までで全部獲れてしまっているので実力が問われる年になりそう。全部走ると思うんだけどなあ。

広告を非表示にする