読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

第77回日本ダービー回顧とその他ニュース

ひとこと

※競馬クラスタのオフでは皆様お疲れ様でした。またやりましょう。

レース結果

日本ダービー結果

【日本ダービー】(東京)〜皐月賞3着馬エイシンフラッシュがダービー馬に

日本ダービーの出走取消について

ユタカ、宝塚メドに復帰...ダービー生観戦

※戦前の予想と違って、超スローペースでの決着。正直昨日の時点ではピサが負けた悔しさで、「今年のダービーは最低最悪の(ry」とか言いかけてしまったが、一見荒れたように見えながら結果的に皐月賞上位馬で決まったあたり、この世代の上位馬が「得意条件でなくても走りきる器を持つこと」を改めて見せつけられたと評価するのが適切か。ネオユニが強く出ていてある程度厳しいラップで有酸素運動無酸素運動の強度を試されつつ、最後までいかに走りきられるかというところに長所があるピサにとっては、今回のような全馬が余力を残した状態で「無酸素運動をいかに続けられるか」という競馬は向いていなかったということ。大きく崩れなかった流石というべきだが、こういう競馬にさらに向いていたのが、キングマンボ*ドイツ血統のバリバリ無酸素運動の連続強度に強いエイシンフラッシュであり、ローズキングダムであったということであろう。上位陣にキングマンボを持った馬が来ているのもその所為であろう。今回適性の違う皐月〜ダービーを連続好走した馬たちはかなり器が大きいと捉えるべきで、望んでいたダービーの流れとはならかったが能力検定という意味ではある意味違う適性が測れて面白かったレースのだったのかもしれない。

エイシンフラッシュに関しては皐月賞はぶっつけであり、まだ勝負付けが済んでいなかった馬の1頭であったわけで、あまりに低評価。血統的にこの流れで勝ちきるのは、キッチリキングマンボが出ていると評価するべきで、これは凱旋門賞に行ったら相当面白そうである。ローズキングダムは中間不安があったものの、素晴らしい競馬。先に述べたように展開が向いたというところもあるだろうが、やはり2歳戦の強さは本物だった。立て直しての飛躍に期待したい。ピサは鞍上が前走にイメージに囚われ過ぎてヘタを打ったのが、あまりにも大きい。この馬の評価されていた「瞬発力」はあくまで「指示通りに加速できる賢さと、四駆的なパワーがあるからこそのギアチェンジ」であり、「極限のラップを刻み続けることが出来る力」ではなかった。その辺を誤解して、皐月賞と同じような競馬に徹した鞍上の融通のなさというか、乗り代わり2戦目の油断のようなモノを感じた。向こう正面から外に出して、ラップが落ちたところで押し上げてしまえば、勝てたと思うのだが・・・。4着ゲシュタルト皐月賞では先行して残った1頭。こちらも能力を出し切ればこれくらいはやれる。ルーラーシップは血統的には最高の展開だったにも関わらず5着で、現時点では上位と差があったと言うこと。ペルーサも良く追い上げたが、この馬は出遅れた時点で終了。

【金鯱賞(GII)】(京都)〜アーネストリーが2番手からきっちり抜け出し人気に応える

アーネストリー、秋はアメリカGI参戦も/金鯱賞

※グラ基地歓喜。宝塚記念ブエナビスタ倒しちゃうぞ☆

【目黒記念】(東京)〜コパノジングーが重賞初V

※久々に池添がキモかった。

有力馬近況

[古馬芝中長距離]

タスカータソルテ予後不良 札幌記念など制す

騎手・調教師

三浦皇成騎手、今年夏もイギリスで研修

高橋智大騎手と高橋亮騎手が海外研修

JRA

ロジックが誘導馬として京都でデビュー

地方競馬

カネヒキリ、特例で帝王賞出走可能に

失明の騎手13カ月ぶり復帰 29日高知競馬で

その他

競走馬を調教している栗東トレーニングセンターで日本ダービー調教公開を見てきた - GIGAZINE

関西勢の強さの源、栗東トレーニングセンターの坂路コースを見学してきた - GIGAZINE

大卒で厩務員になった経歴を持つ白井壽昭調教師の厩舎を訪問 - GIGAZINE