BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

2009年9月12、13日の阪神競馬傾向

阪神

【馬場の状態】

開幕週。こちらも夏の日照不足で芝の生育はイマイチ。芝コースは野芝約10〜13センチで長めと見ていいだろう。土曜は徐々に雨の影響で馬場は稍重悪化。日曜は回復

【血統】

レースの上がりはたびたび34秒台を記録。芝丈の割には上がりが出ていたイメージ。というわけでサンデー系が好走。特にアグネスタキオンが3勝、フジキセキ2勝と目立った。またタニノギムレット・および母父トニービンも連対していたのが印象的。

【枠順】

中枠から外枠の連対が多かった。

【脚質】

逃げが嵌る芝2000を除いて逃げは厳しい。ただし開幕週とあって唯一有利m道中1桁台の通過順でない差しも届かない。

【騎手】

順当にリーディング上位陣。アンカツは夏休みから開けた模様。

阪神ダート

【馬場の状態】

こちらもこの開催からクッション砂の厚さを8.5cmから9cmに変更。土曜は良馬場も日曜は重馬場。

【血統】

土曜は雨の影響もあってかロベルト系、サンデー系が連対。一方日曜はロベルト系。サンデー系は頭まで届かず。

【枠順】

どちらかというと中枠

【脚質】

土曜は馬場が軽かったのか差し追い込み馬が目立った。一方日曜は逃げ馬は残らないところが、基本的には先行優位。

【騎手】

和田が好調。

広告を非表示にする