BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

札幌戦見てきたよ

プラス

  • どんな形であれ勝ち点3をゲットしたこと
  • 森が完全復活。サイドからキレキレだった
  • VJが超献身的な守備と俊足で場内を沸かせてた
  • 2-1になったところで嫌な流れとなったが、キッチリ3点目がとれたこと
  • ヒロキ左サイドバックが予想以上に機能。最大のメリットはタニが攻撃参加しやすくなった

マイナス

  • 攻撃が中へ中へ集中した結果、チャンスでもDFを引き連れた形が多くて決定力に欠けた
  • チャンス自体も前4人の個人技に頼りすぎ
  • たまにモQNの仕掛けはあったものの左サイドからの攻めは皆無
  • レナチーニョがどうしても持ちすぎる&中へ中へ切れ込んでしまう&ポジションが下がると何も出来ない
  • ジュニーニョがキレがない。どちらかというとメンタル面な気もするが来年が怖い
  • 交代が遅い。流れが悪くなった時点でレナチーニョに代えて黒津を入れるべきだった。

まとめ

とにかくこの時期はどんな悪い形であれ勝ち点3をゲットするのが大事。そういう意味ではプレッシャーのかかる試合を勝ち切れたのは大きい。2-1から流れが悪くなったときは正直同点まで覚悟したけど、そこで3点目がとれたのは本当によかった。ただ内容自体は優勝を目指すチームには厳しい内容。とにかく攻めが個人に頼りすぎで組織的に崩せた場面が少なかった。札幌相手でなら個人技でマークをズラせたからよかったが、これでは上位のチームとはハマらないと勝てない。

課題はジュニーニョレナチーニョがどうしても中へ中へ切れ込んでしまうためにゴール前が詰まってしまい、チャンスがチャンスになりきらないところ。両者とも足下でボールをもらってから、動き出したいタイプなだけにゴール前がごった返してしまうと、どうしても個人技に頼りがちになってしまう。相手が弱ければいいが、組織的に守られるとそれでは厳しい。特にレナチーニョ。自分からスペースに走り出すとかしないので、ポジションが下がると何も出来なくなってしまう。もっと左サイドのスペースを活かしたり、囮になる動きが必要。そういう意味でヤマが復帰したら、ヤマ、テセ、ジュニーニョレナチーニョ)の3TOPが是非みたいところ。ヒロキが左サイドバックでタニの攻撃力が生かせている場面が増えていたし、このパターンなら相当戦術の幅は広がるんじゃないだろうか。何はともあれ現状は勝ち点2差の3位。何度も大事なところで負けていながら、この状況は奇跡に近い。もう残りは全部勝つしかないし、ここに書いてるようなことは選手もわかってるだろうから、サポーター的には応援しまくるしかないよなあ。

広告を非表示にする