BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

狼と香辛料9を買ってはみたが

狼と香辛料〈9〉対立の町(下) (電撃文庫)

狼と香辛料〈9〉対立の町(下) (電撃文庫)

対立の町下巻が出ていたので買ってみた。・・・が正直きついなあ。完全にロレンスとホロが落ち着いてしまっているがために関係性のドキドキ感が全くなくなってしまっている。そうなるとあとはロレンスの商人ぶりが物語の勝負になっていくわけだが、いかんせん筆力がついていってないがために、場面転換が凄くわかりにくい。話の筋を追うのだけで精一杯で物語に入り込めない。加えて筋自体もロレンスがホロ狼化の保険ありきで進んでいくため、カタルシスも何もあったものではない。ある意味マコト最強の池袋ウエストゲートパーク状態。関係性も、お仕事も保険ついてる主人公を魅せるのって相当難しいというか、無理なんじゃないだろうか。いや確かにだからといってドラゴンボールで強さのインフレとか起こすわけにもいかないのだろうけど、かといってこれだけの話を上下巻に分けられてもねえ。ちょっとこの先は読む気力はなくなってきた。早く終わらせてもっと筆力磨いて、次のテーマに行ったほうが作者のためだろー。

広告を非表示にする