BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

最近のオーディオ状況

微妙にオーディオに拘るタイプなので、大学時代からじわじわと常識の範囲内でオーディオ機器を揃えてきた。最近一通り完成の域に達してきたので、ここらで公開。まあオーディオマニアってレベルでは全くないけど。

2001年発売のSHARPのコンポ。発売時は10万くらいだったのが、購入時は新品5万円くらいだった。今でこそSHARPといえば液晶的な話だが、2000年ぐらいのころは結構オーディオにも力を入れていた。その頃に出会ったのが1bitデジタルアンプシリーズ。最初廉価版CX-8を家電量販店で聞いたときの衝撃は忘れられない。同じ価格帯では圧倒的なまでの音質。とにかくクリアで原音に忠実。ドンシャリ感がない、高音の澄み渡り方は当時高校生だった僕に、オーディオは音質で買う物だと言うことを教えてくれた。その後CX-8が壊れたので、ちょっと奮発して買ったのがこのSD-NX20-N。当然音質もグレードアップ。最近はもっぱら、アンプ部分しか使っていないけど、5年以上経った今でも現役バリバリ。DACとスピーカーが正直ダメダメなので交換が前提になるが、いまだに手放せない逸品。SHARPがオーディオからほぼ撤退してしまったのはいまだに悲しい。マジで20万〜30万のアンプより、こっちのが音質よく感じるんだよなあ。まあ僕の耳があまり色づけされていないハッキリしたタイプの音が好きなのもあるけどね。

[rakuten:babadenki:10003653:detail]

で、上でも書いたとおりスピーカーがダメダメなので、交換して今繋いでるのがALR JORDAN Entry Si。もともと2chの1bitスレとかでは相性抜群とされているスピーカーだけに安定したクリアな音質。低音から高音まで綺麗に出てくれるし、普通のマンションで音楽聴くには十分なパフォーマンスを出してくれている。下手に1bitの音質を色づけしないで、元気よく鳴ってくれるのがいいね。

ONKYO WAVIO USBデジタルオーディオプロセッサー SE-U55SX(W)

ONKYO WAVIO USBデジタルオーディオプロセッサー SE-U55SX(W)

NX20のもう一つの欠点、DACが全く使える代物ではない&一人暮らしでCDなんて置けないのでPC行きだぜというところから購入した外付けサウンドカード。2万弱と決して安い買い物ではないが、PCで音楽を管理したい人は是非買うべき品。ロスレス圧縮音源だけでなく、AAC192あたりでも十分聴ける音質に仕上げてくれる。というかNX20でCD聴くよりも、こっちでAAC192のが音質がいいw ちなみにこれによって伊集院をPCに録音したりもしている。AMラジオをこの構成で聴くのも無駄すぎるけどw

広告を非表示にする