読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

第一部は納得、秋に続編を見せて欲しい今年のダービー回顧

03_Keiba_Lookback

牝馬の優勝という去年のような衝撃はなかったとはいえ、着順を眺めてみれば、1番人気の優勝を筆頭に現時点での能力が綺麗に反映された今年のダービーは、JRAプレミアムの力を見せつける配当と共にある程度の満足感は得られたレースだったのではないだろうか。

勝っディープスカイはスタートからインベタを走り、最後の直線で真横移動を見せながら、大外に持ち出しての差しきり。内ラチ沿いに拘った他馬を尻目に、愛馬の能力を信じた鞍上にエスコートされた見事な勝ちっぷりだった。前走は内を突いての勝利だったように、レース巧者ぶりであるのは間違いなく、ダスカにも共通するアグネスタキオン産駒一流馬のもつ自在性という武器を活かして、その芝2400を乗り切った。2400という距離に正直疑問を抱いていたが、メンタル面での強さからの自在性をきちんと受け継いだ一流馬は2400も十分こなせるということなのだろう。反省。ラップといい抜け出し方といい、最高の競馬をしたスマイルジャックを並ぶまもなく交わしたあたり、このメンバーでは何回やっても着順は変わらないと思わせるパフォーマンスではあった。ただ大外を豪快にといった印象の割にはレースをスタートからじっくり見ると、ロスのない綺麗な競馬をしていることには注目。それでいてここ5年でははじめて同日の1000万下のタイムを下回っているのは正直微妙。タイムだけで語ることは危険だが、世代の低評価イメージを覆したとは思えず、それだけに春の東京を2回使ったダメージをしっかり取って、秋に是非上の世代と戦って欲しい。

2着スマイルジャックの低評価はあまりに意外。皐月賞は無理して仕上げたスプリングSの反動が出ただけで、血統的にもダービーは完全に買いの呼吸だった。ただ殿下と現地でレース後に話したときにも出たのだが、「博打的に買いの呼吸だとはいえ、ダービーに対する態度として、その観点のみで◎を打てんよなあ」というところに引っかかってしまった。個人的には対抗としたが、博打的呼吸で着には突っ込んできそうだが、勝ちきるイメージがわかないなあというあたりの気持ちだっただけに仕方ないかなと。3着ブラックシェルは若干力のいる馬場だったことも向いた。1コーナーでこすられたことで武豊は納得がいってなかったようだが、マツクニ流のギリギリ仕上げだからこそ、そこで馬が怒ってしまったともいえる。勝ち馬には前走で完敗してるだけに結果として、この着順は順当であったとはいえよう。予想としては武豊と陣営を甘く見ていたかもしれない。◎マイネルチャールズは4着。減点ナシの仕上げ、騎乗だったようには思えるが、「ダービーを勝つための何か」というプラスアルファがなかったようには感じた。キチンと競馬したとはいえるが、末脚の爆発力があるわけではないことはわかっていたわけで。まあ逆に言えばそこを予想の段階で見抜けなかったのは勉強不足ということ。5着レインボーペガサスは妥当な成績。言うなれば前走の末脚は中山コースでこそ発揮できる瞬間的なパワー寄りのものだけに、馬場に助けられてこの結果といえよう。クリスタルウイングアドマイヤコマンド青葉賞組の能力は順当に出しましたよといった仲良し入線。サクセスブロッケンはレース前に危惧したとおり芝ダート云々よりも芝1400ベストの母親から受け継いだ距離適性の問題。明らかに2400は長かった。距離の話が出たところで、菊花賞への展望を軽く触れると、面白いのはスマイルジャックマイネルチャールズ。特にマイネルチャールズは坂の下りを上手く使って、今回足りなかった「何か」を補えれば結構イケるかもという話をレース後に現地では話題にした。忘れないようにメモw

最後に四位のインタビューについて。唯一無二のダービーというレースのインタビューだったんだから、もうちょっとスマートにして欲しかった。先週の裁決ではないが、酌量の余地があったとしても、客観的な競馬のアピールとしては最悪の選択。レースそのものはそれなりの満足感を与えてくれる好レースだっただけに、残念の一言。

◆レース後のコメント

◇1着ディープスカイ

※四位騎手 やることをしっかりとやってプラス体重、これはデキがいいということ。返し馬でもいい感じだったしね。あとはインが荒れてきているので、内枠からどうコース取りをしようかと考えていた。ブラックシェルを見ながらと思っていたが、向こうが出て行ったので、こちらは下げてレースをした。4角ではフローテーションの後ろにいたが、そこからゴーサインを出す形に。最後は一杯になっていたし、内外が離れていたので前に出ているか微妙だと思ったが、勝てて良かったね。

◇2着スマイルジャック

小牧太騎手 半馬身遅れたけど前が開いていたのでスッと好位へつけられた。これまで乗った3回は、ずっとハミを噛んだまま走っていたのが、今日は向正面で初めてハミが抜けたんだ。それで自分のペースで走れたのが大きかったね。直線で抜け出したときは足音が聞こえなくなったのでやったかと思ったが、離れたところから一気に差されてしまっては......。まだ良化の余地を残しているので秋が楽しみ

◇3着ブラックシェル

武豊騎手 1角で挟まれたのがすべてだね。そこで引っ張って道中、力んで走ってしまったからね。直線は抜けてきそうな格好をしていたけど、伸び切れなかった。大きなレースでは皆、綺麗な競馬をして欲しいね。