BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

オセローをみてきた

彩の国シェイクスピア・オセローをみてきた。普段演劇とか見ない、というかたぶん自分できちんと見に行ったのははじめてだったのだけど、蒼井優に惹かれて初体験。

まず全体の感想として、やっぱりライブな場所に身をおくというのはいいなあというのを再確認。一応原作を読んでから見に行ったのだけど、芝居でみるほうがやはり面白さが段違い。舞台から迸るオーラとか、客席から登場することで自分たちがその舞台の一部として溶け合っていく感覚みたいなものというのは、やはりナマですか味わえないもの。役者の中で衝撃的だったのは、やはり高橋洋演ずるイアーゴー。原作を読んでいると、その得体の知れなさというのは、ただ理解不能なものとしか読みきれなかったのだが、目の前のイアーゴーからは妬み、憎しみ、迷い、いろいろなものが観る側にダイレクトに伝わってきた。それだけでも見に行ったかいがあったと思わせた。

そして蒼井優はというと。。。やはりちょっと舞台という場所では、まだ線の細さが目立ってしまうかなというところ。雰囲気とか、要所での存在感というのは抜群でイアーゴー同様、原作ではわからないデズデモーナの一途さみたいなものは凄く伝わってきた。ただ映画女優ということもあってか、常にそのシーンの間中、舞台に登場し続けるという前提での演技は弱い感じ。あとは蒼井優の魅力である表情という点でもアップの描写をとるわけにはいかない舞台では、消されてしまう感じで非常に残念。他のキャストの力があっただけに目立ったということもあるが、舞台で映えるためにはもっともっと慣れが必要なのかも。まだ若いしねー。ていうか二の腕細い!後ろ姿エロい!実はそれだけで大満足だったりはするw

とにかく堪能できた演劇鑑賞。今度は蒼井優がでていなくても行こうかなあ・・・

広告を非表示にする