BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

鉄コン筋クリート(完全生産限定版) [DVD]

正月から何をしているんだろう・・・。と一瞬思った。

鉄コン筋クリートを横浜で見てきた。原作を見ない状態でフラフラっと行った*1ので、ホント前知識はなしでの鑑賞。前半は世界観についていくのが精一杯。ただ蒼井優の演技が光る光る。やっぱりこの人は叫ばせたり、ちょっと壊れた演技をさせたときに、凄い良さがでる。声だけでもその良さが出ていた。もちろん平素の演技も充分素晴らしいと思うのだけど、なかなかキャラにあった声優ぶり。

で、前半はとにかくこういう空気なのね、伏線はこれねという感じで物語に入っていくのに集中しての鑑賞。映像は凄く良く出来ていて、たぶん原作の空気感みたいなものを再現しているのだと思う(見たことないけど)。充分キャラも立っていて、世界観の構築も出来ていてよかったのだが・・・後半というかストーリーが激しく微妙な展開に。内面描写が増えたあたりからが、うーん、という感じ。厳しい言い方をすればアニメーション自体は良く出来ているのだが、その割に葛藤とか深さが伝わってこない。前半で世界観を構築するのと伏線はるだけで精一杯になってしまったからか、キャラの内面を描くだけの下準備が出来ていないのが原因かもしれない。脳を撃つ絵を持ってきているのだけど、なんで俺コレ見せられてるの?と思ってしまう面多々あり。もっともっと前半からキャラの内面にコミットしていかなければ、あれだけの絵を持ってくる意味がない。

加えて、それ以外の伏線の回収の仕方がありきたりすぎて。どこかで知ってるような、見たことあるようなエピソードが続くために、先の展開が読め読め。そこまで露骨に死亡フラグ立てんでも。しかも主人公の内面描写も結局ありきたりな落としどころに持ってきてしまうから、何のために、こんな疲れさせられたんだという気持ちになってしまう。あれだけの絵を持ってきておいて、その結論に持ってこれるエネルギーが全く感じられないのが悲しいところ。シナリオをもっと練って欲しかった。原作はもっと深く描いてるのだろうし。

結局のところ世界観と蒼井優の演技が光った一品。見に行くのは止めないけど、オススメはしないなあ。一緒に行った友曰く、映画の文法は無視した映画、だそうです。

*1:もちろん蒼井優目当て

広告を非表示にする