BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

2005年2歳馬オススメ馬リスト・SS牡馬編

いよいよドラフトリスト提出日も過ぎたので、本音でオススメ馬を語りたいと思います。別に今までも嘘ではないのですが、ぼかしたり、その後気になった馬もいますので。ただ本音で語るのと当たるのは別物なので適当に。なおランクは以下の通り。

S:馬体プロフを総合しての超オススメ馬。

A:気になるところあるが個人的に気になる馬

B:一つ光るものがある上位候補馬。

C:下位候補で穴埋めに。

クラシック:クラシック路線に乗ってくるであろう馬

マイル:マイル路線で活躍が見込めそうな馬

速攻:年内で大きく賞金をゲットできそうな馬

【Sクラシック】キングアーサー(父サンデーサイレンス/母クイーンモード)

正直言って去年から狙っていたので、写真を見てテンションUP、入厩先をみてテンションDOWNでした。馬体はオーラでてるし、フサイチペガサスの持込の下で上もデビュー戦は快勝。狙い済ませた配合だけに一位にしたかった。したかったが04年度に藤沢厩舎の馬は生理的に応援できないことが身に沁みたのでギリギリまで悩んで、このドラフトはではこの順位にしました。とにかく馬はいいので、藤沢厩舎に潰されなければダービー出れると思います。どうせ青葉賞経由だろうけど。

【Aクラシック】キャプテンベガ(父サンデーサイレンス/母ベガ)

血統的にこの馬を無印にはできないでしょう。プロフィール的にも空胎明け、松田資厩舎、ノーザンファーム、450キロ程度のちょうどいい馬体。唯一気になるのはちょっと丸っこい馬体。これから脂肪を落として、筋肉がつけば変わってくるのかもしれないが、背中の短さと首の短さからマイラー寄りの印象はいなめない。まあ血統が血統だけに普通に2400こなしてしまうかもしれないが、馬体的にはちょっと引っかかる。好みの範囲なので止めはしないが。

【Aクラシック】フサイチジャンク(父サンデーサイレンス/母セトフローリアン)

話題先行の嫌いもあるし、3億円もする馬が走るとは思えないのだが馬はいい。ちょっと大きすぎる嫌いはあるがフサイチネットの写真を見ると、春にかけてグングンよくなっているのは好材料。まだ変わる余地がありそうだし、いざというときは引きは強い馬主だけにかけてみたい。厩舎も正直未知数なので微妙に消去法ですが今年のドラフト一位はこの馬にしました。厩舎が逆だったらキングアーサーが一位だったのだが。

【Aクラシック】テューダーローズ(父サンデーサイレンス/母ロゼカラー)

今年も馬体はよく出てるし、この馬もドラフト2位で取れるなら取りたい。だがいかんせんG1の壁がある血統だけにダービーを取らなければ勝ちが遠くなるPOGで1位というのは微妙。一口で出資するなら間違いなくこの馬なのだが。まあクラシック路線には乗ってくるだろうし、獲りに行って損はない。

【Aクラシック】アグネスサージャン(父サンデーサイレンス/母アグネスフローラ

この馬も悪くは無い。現時点では普通にいい馬。ただ厩舎が変わったことが気になる。藤岡厩舎は腕はいいと思うが、この血統をずっと見てきた調教師や厩務員じゃなくなるのはハンデなのではないだろうか。思い入れがあるなら獲りに行く価値はあるが、そうでなければ1位でないと取れないだろうし様子見が妥当か。

【Bクラシック】サクラオールイン(父サンデーサイレンス/母サクラセクレテーム

馬体的にはいまいちこじんまりとしていて強調点は少ないが血統は目を見張るものが。SS*ダンジグはかなり確実性の高い血統。厩舎も小島太厩舎と夏からつかってくれそうなのは好材料だ。中位指名で狙ってみたい一頭。

【Bクラシック】エアドミンゴ(父サンデーサイレンス/母グロリアスバラッド)

こちらも馬体はまだまだ子供子供していて、威圧感のようなものはないが血統は素晴らしい。去年一部ではサムライハート以上の評価をされたマプリットジョリィにキングマンボをかけたのが母馬。血統の成長力で一発を狙いたいところだがどうでるか。伊藤雄厩舎だけに潰されることはないだろうが、間に合うかどうかは微妙なところかもしれない。

広告を非表示にする