BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

エアサバス新馬勝ち

サイト内のドラフトで1位指名したエアサバスが見事デビュー戦を勝利。暇だったので東京競馬場まで行ってきました。まさか僕が藤沢厩舎の馬を見に競馬場に行く日が来るとは・・・。

パドック

3R出走前からパドックで待つこと、ついにエアサバスが登場。めちゃくちゃチャカついての周回。もう一頭の注目馬メジロコルセアが静かに落ち着いて周回しているのに比べ、イレこんではいないが、頭を振って一瞬たりとも静かにする様子はない。目を剥いて周りを威嚇して歩く。馬体はとにかくデカイが足長に見えてバランスはかなり良い。デビュー前はひょろひょろに見えたが、つくべきところにシッカリと肉がついて、かなりのパワー溢れる馬体。特にトモのつくりは目を見張るものであった。途中ハミが外れたらしく、藤沢師が飛んでくる(写真参照)。心配そうというか不機嫌そうな顔で修正。結局騎乗号令がかかっても、騎手は乗ることなく地下馬道へ。

airsaba041001.jpg

airsaba041002.jpg

【返し馬】

地下馬道から出てくるとすでにヨシトミが騎乗していた。エアの勝負服が浮いていて、着心地が悪そうだw パドックに比べると、返し馬ではかなり落ち着いてきていた。素直にキャンターに入る。

airsaba041003.jpg

【レース】

ゲートも素直に入ると、スタートも上手く出た。・・・がヨシトミ先生外からハナに立つ構え。周囲からは「逃げてるんじゃねー!何考えてるんだ!」と野次が飛ぶ。本当にデビュー戦でハナ行かせるなよ・・・。ペース自体はスローのまま直線へ。そのまましぶとく逃げ切ってのデビュー勝ち。うーん微妙・・・。まあ勝ったからよしとするべきか。

airsaba041004.jpg

airsaba041005.jpg

【口取り】

吉田氏とエアの会長が先に登場。吉田照哉氏はかなり仏頂面で笑顔はなし。観客から「おめでとうございます!」と声が掛かるも返事はなし。勝ち方が気に入らなかったか。遅れて無駄に腰が低い感じでヨシトミ先生登場。エアの会長に「追ってくれないんだもん。ひやひやしたよ」とダメだしされる。まあ次はなさそうだなw 遅れて登場した主役のエアサバスはレース後なのに元気一杯。藤沢先生も登場も仏頂面。ハミが外れたりして機嫌が悪いのだろう。撮影終了後はやっと関係者に笑顔が。次はペリエでお願いしますと喉まででかかったのはナイショだw

※さすが評判馬。アクセスが多いので写真追加w

airsaba041009.jpg

airsaba041009.jpg

airsaba041009.jpg

airsaba041010.jpg

airsaba041011.jpg

広告を非表示にする