BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

スプリンターズS予想

[実力]

春のスプリントG1を勝ったサニングデール、去年の短距離王デュランダルの2頭が抜けている。続いて高松宮記念3着のキーンランドスワン、前走ステップを勝ったゴールデンキャスト、春にG2勝ちのあるウインラディウス、夏に重賞勝ったカルストンライトオか。外国馬は評価が難しいがどの馬もそこそこ力はありそう。

[展開]

カルストンライトオがガンガン飛ばす。ナリタビッグタイムがその後ろ。好位にゴールデンキャストキーンランドスワンがつけて、サニングデールはその後ろ。ウインラディウスもこのあたりで追走。最後方に外国馬やデュランダル。不良馬場だがペースは速い。直線では逃げ馬勢にゴールデンキャストが襲い掛かり、その後ろからサニングデールデュランダルは後方一気に賭けるとみる。

[適性]

中山は不良馬場。追い込み一辺倒は苦しいだろう。また逃げ馬が内枠に固まり、速くなるだろうから有利とはいえない。基本は好位差しのグループ。スピードに加えて、ある程度のパワーも必要か。

[まとめ]

サニングデール

キーンランドスワン

ゴールデンキャスト

カルストンライトオ

ケープオブグッドホープ

シルキーラグーン

本命はそこそこ内枠に入り、外に逃げ馬を見ることが出来る好枠順を取ったサニングデール。脚質も比較的幅があるので大崩れはないだろう。うまく福永が立ち回ってくれれば統一王者になる可能性は十分。

対抗はキーンランドスワン。前走好位から2着をキッチリ確保。ミスプロ系だけに雨も悪くはあるまい。人気も程よい感じに落ちてるところからねらい目と見る。

ゴールデンキャストは扱いが難しい。3歳時のNHKマイルCでは緩い馬場で見せ場もなく大敗。枠も揉まれる可能性がないとはいえない真ん中の枠。ただしこれは調子が最悪のときの話で復調後の競馬はなかなか味がある。また好位での競馬も見せて自在性も増してきた。雨も血統的には割引ではない。大敗もあるかもしれないが、楽勝もあるとみて単穴に指名。

以下不良馬場で後ろが壊滅したときに備えてカルストンライトオ、不気味な香港馬ケープオブグッドホープ、叩き3戦目で一発もあるシルキーラグーンまで。デュランダルは雨で宝刀はさび付いたまま抜かれないと見る。

広告を非表示にする