BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

ローズS回顧

【ローズS】(阪神)〜新星誕生、レクレドール

阪神11Rのローズステークス(3歳牝馬GII・芝2000m)は、5番人気レクレドール安藤勝己騎手)が差し切り勝ちで重賞初制覇。勝ちタイムは1分59秒0。

夏を順調に越えたと思われた春の実績馬を上がり馬が鮮やかに差しきった。勝ったレクレドールステイゴールドの全妹。成長力はさすがと言ったところだ。しかし前哨戦でここまで鮮やかだと本番で二番が効くかは注意が必要。今回は有力馬が前に行き、追い込み馬のスイープトウショウでさえ中団につけていた。ラップもよどみなく流れ明らかに後ろからの馬に有利な状況であったといえる。秋華賞も先行争いが激しくなれば大外一気が決まるコースではあるので同じパターンになる可能性もあるにはあるが直前によく検討したい。

2着グローリアスデイズリンカーンの全妹。こちらも春は馬体の成長が遅れていたがひと夏越えて実が入ってきた。本番でも乗り方次第だろう。スイープトウショウは早めに動いた分最後甘くなった。オークスダイワエルシエーロは前を深追いしてしまった。叩いて変わるであろうし、人気が落ちるようなら買いたい一頭。アズマサンダースも同様。しかしこれで本番はどの馬を買ってもそこそこつくだろう。面白くなった。

広告を非表示にする