BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

2004年牧場見学2(1日目)

今回の北海道旅行はアップルツアーというところで、往復航空券、レンタカー、ホテルがセットになって3日間フリーのセット旅行を利用。AirDoで10000円チケット、JTBなどのサイトでオンライン宿泊予約、旅ぷらざレンタカー予約などでキャンペーン利用というのとほぼ同額で行くことが出来た。同行者がなかなか予定があわず、二転三転したものの結局大学の友人♂と二人でということになった。

飛行機の時間指定を一番安い時間帯にしたため、始発で羽田空港というなかなかハードなスタート。ちなみに同行者は前日夜に管理人宅に前乗り。羽田空港への集合はなんと5時50分。チケットを受け取るとすぐ飛行機は千歳に向かって飛び立った。2回目の牧場見学ツアーの始まりである。羽田から千歳は一時間半。水平飛行がほとんどないくらいの短時間のフライト。着くとさすがに多少涼しい。が、なにぶん東京も5時はそこそこ涼しくありがたみはあまりない。外に出ると小雨が降っている。嫌な予感がすつつも、レンタカーを受け取ると早速社台SSに向かう。

■社台SS

見学時間は放牧なら9時半、展示(見学者の近くまで牧場の人が連れてきてくれる)なら11時ということだったが、とにかく千歳に着いたのが早いので10時には到着した。着くとやはり放牧地に馬はいない。ショップで時間を潰したり、車で仮眠を取ったりと待つこと1時間。ついに遠くに馬の影が!しかし2頭の展示のはずが1頭しか見えない。間近まで来ると牧場の方が

スペシャルウィークは体調崩してるから今日はなしね。申し訳ないね〜」

ガーン。去年は放牧見学だったので見られず、今年も会えなかった。なんとも縁のない・・・。まあ何はともあれ目の前にいるトウカイテイオーの見学に集中することに。去年は遠くにいるのを眺めるしか出来なかったテイオーだが、やはり近くで見ると気品があってカッコイイ。特に目の輝きが素晴らしい。賢そうな瞳をしていた。とくにうるさい様子を見せる様子もなく、5分ほどの見学時間にあいだ様々なポーズをとってくれた。

teio03.jpg

君の瞳に完敗?


■日高軽種馬農協門別種馬場

車を飛ばすこと1時間ちょっと。日高自動車道のおかげで比較的スイスイと門別に到着。早速次の見学地日高軽種馬農協門別種馬場に向かう。少し早めにつき13時まで駐車場で待機する。13時になり、オフィスのほうを伺うが誰も出てこない。他の見学者もどうすればよいのかわからない様子。10分ほどしても変化がないので、とりあえずふるさと案内所に電話してみると、勝手に見学していいとのこと。素敵なまでに放置プレイっぶりに、せめて張り紙くらいしてくれよなあとボヤきつつ、放牧地を見学する。

比較的牧柵の側まで行ってもいいらしく、ゴーカイトウケイニセイなどをアップで撮影するも、肝心のテイエムオペラオーは離れた放牧地。これはあんまり良い写真を撮れそうにないなあとダイタクヤマトなど他馬の見学に専念。14時ごろになり、さて車に戻ろうとするとオフィスから牧場の方が出てきて、オペラオーのほうへ。「これはキタ━━━(゚∀゚)━━━!!??」とカメラを用意し、厩舎前でシャッターチャンスをうかがうと予想通り厩舎に戻るオペラオーが現れた!Z3のジェットAFを信じて撮影。バッチリカメラ目線のオペラオーが撮れました。ここは見学終了時間ギリギリがオススメということが判明。牧場の方にお礼を言うと良い気分で次の目的地ビワハヤヒデに会いに日西牧場へ。

operao01.jpg

馬体からオーラが出てるオペラオー

gokai01.jpg

ゴーカイならこれくらいの牧柵は余裕で飛べる?


■日西牧場

あっという間に日西牧場へ。看板が出てるので比較的わかりやすいが、小さな橋を渡った先が放牧地。しかしビワハヤヒデはなかなか近くに来てくれない。20分ほど待つもなんともマイペース。昼飯を食べていなかったので、仕方なくアップの写真は断念して昼飯&カネツ牧場へ向かうことに。

biwa01.jpg

マイペースに草を食べるビワ


■カネツ牧場

昼飯は先月号の優駿にも掲載されている「いずみ食堂」で鴨そばを注文。かなり太い蕎麦だがそこそこいけた。空腹から立ち直って、いざカネツ牧場で国道沿いに看板が出ているのでわかりやすい。山のほうへ少し向かうと大きなカネツ牧場という看板を発見。近くに車を止めて、辺りを歩くと、明らかに風格のある馬を道路沿いの放牧地に発見。たぶんこれがカネツクロスと予想するも自信もなく(毛色くらいしかわからん)、とりあえず厩舎に挨拶に。牧場の方に見学したい旨を伝えると、やはりさっきの馬がカネツクロスということだった。はじめは牧柵より離れたところにいたが、口笛を鳴らすと近づいてきた。やはり主戦的場師の馬?近くで見るとこれまたカッコイイ。人に慣れてるらしく、色々ポーズをとってくれるので、多めに撮影。面白くて結構長居をしてしまった。

kanetu01.jpg

アッカンベー?


その後本当はナリタタイシンを見に行く予定が道に迷って、見学時間オーバー。ここらへんで備え付けのカーナビが結構適当ということがわかってくる。なるべく地図を見ながら進むことに。何はともあれ日高ケンタッキーファームへ。看板が多いのでこちらは迷わない。チェックイン後、とねっこの湯に向かい、温泉を楽しむ。そこでしょうが焼き定食を食べて(ツアーについてるのは朝食のみ)、一日目は終了。午前3時過ぎから起きていたため、小学生のように8時にはダウン。流石に早すぎて夜中に目が覚めて困った・・・。

広告を非表示にする