BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

どんな馬も怪我には勝てないものだが

■米2冠馬スマーティージョーンズが引退(netkeiba.com)

3日、ケンタッキーダービープリークネスS(共に米G1)を制した米2冠馬スマーティージョーンズ Smarty Jones(牡3、米・J.サーヴィス厩舎)が4肢における骨打撲傷のために現役を引退することが、馬主であるチャップマン夫妻によって発表された。今後は米国・ケンタッキー州のスリーチムニーズファームで種牡馬として繋養されることになる。種付け料などは30日以内に決定されるという。

早期引退が目立つアメリカのスターホースにしては珍しく、古馬になってからも現役を続ける意向を示し、今年もBCクラシックへ向けて調整中だったらしいのに残念だ。まあすでに脚元の関係などもあってベルモントS以降はスロー調整で、さらに引退後の青写真は完全に出来上がって発表されていただけに、そんなに驚くべきニュースではないのかもしれない。日本の2冠馬ネオユニヴァースは本当に復帰するのだろうか・・・?

広告を非表示にする