BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

函館記念回顧

クラフト突き抜け兄弟制覇〜函館記念(スポニチアネックス)

「第40回函館記念」が25日、函館競馬場で行われ、横山典騎乗のクラフトワークが直線豪快に抜け出して重賞初制覇。半兄クラフトマンシップも00年の同レースを制しており、平成に入って9度目のJRA同一重賞きょうだい制覇となった。1番人気に支持されたファインモーションは首差及ばす2着に敗れた。

荒れる荒れると評判の函館記念だが今年は固くおさまった。1着は2番人気クラフトワーク。道中はじっくり脚をため、直線内を鋭く突き抜けた。広い競馬場で結果を残している同馬だが、新馬戦を見るとわかるようにやはりローカルも対応可能だった。G1はともかくG2、G3ではこれからも好走するだろう。秋は天皇賞が目標。1番人気ファインモーションは2着。滞在競馬で得意の北海道、ここで連対はこれからのことを考えると最低条件だったか。ただ手ごたえ良く4コーナーを回りながら、弾けるような伸びは見られず、少し物足りない。秋はエリ女マイルCSなら好走もありそうだが、牡馬王道路線は無理だろう。3着ワイルドスナイパーは良く頑張った。ただ函館巧者というのが効いたのだろうから、他場で人気にあった場合は疑って掛かったほうがいいかもしれない。

予想は◎→▲で的中。ヤマノの負け以外の読みはほぼ的中。人気同士の決着だけにあまり自慢にはならないが、一時の不調は脱した感があるので、来週以降もきちっと当てたい。大会はサニーさんが三連複的中でTOPを維持。ただまだまだ逆転の余地はありそうだ。

広告を非表示にする