BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

七夕賞回顧

ブライトリー“横一線”大外刈り!〜七夕賞(スポニチアネックス)

荒れる“七夕伝説”は今年も生きていた。横一線に広がったハンデ戦らしい攻防。大外を飛んできたのは絶好調男・柴田善騎手を背にしたチアズブライトリーだった。

人気のない実績馬が巻き返す七夕賞。今年も勝ったのは6歳馬チアズブライトリーだった。後方から脚をためて直線一気というヨシトミには珍しい腹の座った騎乗。あとでコメントを見てみるとズブくて動かなかったとのことでそれが逆に功を奏したか。期待していたカゼニフカレテは予想以上に早く仕掛けてズブズブ。一瞬しか脚が使えないのだから3コーナーで動いたら目がない。ヤマノも中途半端な仕掛けだった。一番人気メジロマントルは明らかに過剰人気。ここに入って5着なら良く粘ったほうだろう。

広告を非表示にする