BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

ラジオたんぱ賞予想

◎カンパニー

○ムーンシャイン

マイネルベナード

☆フレアリングベスト

ナイキアロー

シルクディレクター

[実力]

カンパニーの4戦3勝オープン勝ちとマイネルベナードのオープン勝ちはこの中では光る実績。次に1000万下を勝っているケイアイガード。その他の馬は2勝馬が大半とりたてて強い相手に戦ってきた馬もいない。

[展開]

フウランジョーマイネルベナードがハナを切り、その後ろは一団に。ケイアイガードシルクディレクターあたりが前に、人気のカンパニー、ハットトリックは後方からであろう。ペースはベナードの気性を考えると超スローは考えにくく、ミドルからそれより少し遅いくらいになるか。

[適性]

まず福島の芝は時計こそ早いが来る馬はどちらかというと一瞬で切れる馬より、ペースが速く前が潰れたときにじりじりと伸び続ける馬に有利。血統でいうとリファール、ノーザンテーストを持った馬が強い。カンパニーは兄が2着もあり、適性は問題なさそう。ナイキアローも母父にテーストを持ち、穴パターンの前走500万下勝ち馬。ベナードもそのレース振りから会っていそうだ。

[まとめ]

本命は実績、適性を考慮してカンパニー。鞍上がヘぐらなければ連対は出来るだろう。2番手は前走G1でVラインを刻んできたムーンシャイン。G1大敗馬の巻き返しという穴パターンにも合致する。単穴はマイネルベナード。ペースがそれほど速くならなければ最後まで粘りきることも可能。穴候補に父リファール系で前走の脚にもどころがあったフレアリングベスト。シルクディレクターナイキアローも連絡みなら。

【dark】

◎カンパニー

【春日屋】

◎ダイワネバダ

【ルーク】

マイネルベナード

詳細はこちら

【気になった予想】

恐れ入ります 競馬Blogさん

・管理人も新聞見るまでサッカーボーイ産駒と勘違い。カッツミーを思い出し、一瞬本命に仕掛けた。本当に紛らわしい名前だ・・・。

広告を非表示にする