BrainSquall

競馬ニュースを中心に、レース回顧、POG、一口についてのタワゴト。他にフロンターレとかアニメとか・・・でした。

宝塚記念予想

[実力]

タップが頭一つ抜けている。大崩れないロブロイが相手筆頭。3番手リンカーン。以降シルク、ザッツ、バートラム、ツルマルは差がない。それ以外は少し離れる。

[展開]

逃げるローエンをザッツが追いかける。4コーナーで満を持してタップが動く。それをロブロイ、リンカーン、フェイマスが追いかける。ツルマル、バートラムは直線勝負。

[適性]

阪神2200mで15頭で多頭数。おまけにタップが早めに動くことからロングスパートレースになるのは必至。となるとタップ、リンカーン、ツルマル、ザッツ、ダイタクあたりに有利。一瞬のキレで勝負するロブロイは若干割引か。

[まとめ]

タップダンスシチー

リンカーン

ゼンノロブロイ

ダイタクバートラム

シルクフェイマス

△チャクラ

本命はタップダンスシチー。前走レコードで勝った反動が気になるが、過去叩き2戦目で4連対&調教もきっちり追ってることを考えて問題ないと判断。早めに動くことを考えると最後何かに差される可能性はあるが3着を外すことはないだろう。

対抗はリンカーン。前走天皇賞春惨敗が気になるが、菊有馬2着の実力&宝塚への適性は無視できない。タップの後ろからジリジリと伸びてくるだろう。上手くいけば差せるかもしれない。

単穴でゼンノロブロイ。普通に考えればこの馬が勝てそうに見える。ただ神戸新聞杯の鮮やかな勝ち方が示すように本来は切れを生かす中距離馬。ロングスパートレースとなりそうな今年の宝塚では適性で劣る。おまけにカツハルに吉岡美穂の本命では・・・。

穴筆頭はダイタクバートラム。前走は完全に脚を余した格好。去年の阪神大賞典1着天皇賞3着の実績を考えればリンカーン、ロブロイあたりとそこまで実力が離れてるようには見えない。他馬がばてたあとに直線で突っ込んでくるイメージで。

リンカーン、ロブロイ不発時に実力を確実につけてきたシルク、スタミナ自慢のチャクラが浮上の可能性も。ツルマルは前走東京マイル32秒台の反動が出ると見て無印。ザッツ、ローエンは展開不向き。

【気になる予想】

TARGET的馬券練習帳さん

展開予想及び、全体の評価はほぼ一緒。違うのはリンカーンの評価くらい。ただ僕はローエンはタップに掃除される可能性が高い、ツルマルは反動があると読んでスッパリ切りました。

広告を非表示にする